【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1日、2013年以降、7年連続で行っていた元日の「新年の辞」の発表を見送った。北朝鮮メディアは1日、新年の辞に代え、昨年末に開催された党中央委員会総会での金正恩氏の演説と決定を大々的に報じた。

 朝鮮中央通信は2日、新年を迎え、金正恩氏が故金日成主席と故金正日総書記の遺体が安置されている平壌の錦ス山太陽宮殿を訪問したと伝えた。日時は不明。崔竜海最高人民会議常任委員長や金才竜首相ら党指導部の幹部が同行、金正恩氏は総会で示した「綱領的課題」の貫徹を誓った。