令和初となる新年恒例の一般参賀が2日、皇居で行われた。天皇陛下は皇后さまや上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族と宮殿・長和殿に立ち「本年が災害のない、安らかで良い年となるよう願っております。年の初めに当たり、わが国と世界の人々の幸せを祈ります」とあいさつされた。天皇代替わり後、陛下と上皇さまがそろって国民の前に姿を見せるのは初めて。

 陛下は、昨年の台風などの災害にも触れ「ご苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じています」とも述べた。

 参賀は午前に3回、午後に2回の計5回実施する予定で、上皇ご夫妻は午前の3回のみ参加。