【ガルミッシュパルテンキルヘン(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は1日、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンで年末年始恒例のジャンプ週間第2戦を兼ねた個人第9戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)は132メートル、141メートルの合計282・1点で4位だった。

 昨季のジャンプ週間で4戦4勝の完全制覇を達成した小林陵は今季の第1戦も制したが、伝統の大会で史上最多に並ぶ連勝が5で止まった。21歳のマリウス・リンビク(ノルウェー)が143・5メートル、136メートルの289・8点で初優勝した。