ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会は16日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(ヒルサイズ=HS102メートル)で個人第6戦の予選が行われ、日本勢は高梨沙羅が97メートルの100・4点で2位になるなど、8人が17日の本戦に進んだ。

 94メートルを飛んだマリタ・クラマー(オーストリア)が103・8点でトップ。勢藤優花は12位、伊藤有希は13位、丸山希は22位、岩渕香里は25位、茂野美咲は27位、岩佐明香は35位、大井栞は37位で通過した。

 小林諭果は41位、松橋亜希は45位、五十嵐彩佳は51位、勢藤理桜は55位で落選した。