囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は16日、名古屋市の日本棋院中部総本部で打たれた第76期本因坊戦の予選Bで羽根泰正九段(75)との65歳差対決に敗れ、同棋戦での敗退が決まった。羽根九段は王座の獲得実績があり、仲邑初段は初の七大タイトル経験者との対戦だった。

 対局は持ち時間各3時間で打たれ、羽根九段が289手で白番5目半勝ちした。

 羽根九段は三重県出身で、1958年にプロ入り。日本棋院中部総本部所属。「中京のダイヤモンド」といわれ、90年に王座を獲得した。息子の直樹碁聖(43)、孫の彩夏初段(17)も棋士で、三世代現役棋士としても知られている。