衆院議院運営委員会は16日、理事懇談会を開き、20日召集の通常国会の審議日程を協議した。与党は22、23両日に各党の代表質問を実施したいと提案したが、野党は公選法違反疑惑で辞任した河井克行前法相と菅原一秀前経済産業相が国会で事実関係を説明する必要があると反発。折り合わず、継続協議となった。

 野党は、元内閣府副大臣の秋元司衆院議員(自民党を離党)が逮捕されたIR汚職事件を巡る政府側の説明も要求。野党筆頭理事の手塚仁雄氏(立憲民主党)は「対応がない限り、とんとん拍子で日程を決めるわけにはいかない」と述べた。