16日午後3時40分ごろ、大阪市住之江区北加賀屋2丁目の市立加賀屋小で、工事業者が一斗缶を誤って落とした。入っていた塗料が飛び散り、顔や体にかかるなどして男子児童8人と女性職員1人が病院に運ばれた。症状は軽いという。大阪市は「原因究明と再発防止に取り組む」とのコメントを出した。

 市や住之江署によると、業者は校舎の外壁改修などの工事中だった。一斗缶はウインチで屋上に引き上げられる際に中庭に落下した。体にかかった塗料は小学校の職員が洗い流すなどした。落下したのはプライマーと呼ばれる塗料の一種で、約18リットル入っていたとみられる。