ユニ・チャームは16日、歩行に悩みを抱える高齢者を支援しようと、はくだけで体幹を支える世界初の技術を用いた紙おむつを開発したと明らかにした。2月4日に発売する。兵庫医療大(神戸市)と2016年から共同で研究していた。排せつケアの枠を超えた高付加価値品の投入により「健康寿命」に関わる市場を開拓する。

 加齢で腹筋が弱まると体の重心が前にかかり歩きづらさを感じる。新商品「ライフリー 歩行アシストパンツ」では、おなか周りの特殊なシートが腹圧を高めて骨盤を安定させるほか、股下の伸縮性も向上した。足を上げやすくなるなど、歩行機能を改善する効果が確認できたという。