五輪・パラリンピック聖火リレーの意義や目的を子どもたちに学んでもらうため、今年の東京大会の聖火リレーで公式アンバサダーを務める女優の石原さとみさんらが16日、東京都世田谷区立経堂小を訪問した。体育館で約800人の児童らを前に魅力や見どころなどを紹介し「家族や友達など大切な人と応援しに行って」と呼び掛けた。

 元パラ射撃代表で公式アンバサダーの田口亜希さんも参加。聖火リレーのユニホーム姿でトーチを持った石原さんらが登場すると、手作りの応援メガホンを持った児童から大歓声が上がった。聖火リレーに関するクイズでは、全国で1万人のランナーが走ることなどを説明した。