【パリ共同】フランスのマクロン大統領は15日、レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告に関し、容疑者や被告としての権利保護の観点から「(日本の)拘束や取り調べの状況は私には満足いくものと思われないと何度も安倍(晋三)首相に伝えていた」と述べ、改善を要請していたと明らかにした。

 報道関係者との新年互礼会で質問に答えた。マクロン氏は「フランス国民全員が外国の司法手続きに際し、基本的な弁護権を尊重した適切な方法で扱われるよう望む」との原則を強調。被告の逃亡に関しては「コメントしない。フランスは関与していない」と述べるにとどめた。