西武は15日、埼玉県川越市で春季キャンプに向けた全体会議を開き、14年ぶりにチームに復帰した松坂大輔投手を、宮崎県日南市で行う1軍主体のA班でキャンプインさせることを決めた。辻発彦監督は「体にどこも心配するところがなく、十分戦力になると思って選んだ」と説明した。

 渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が松坂に体の状態を確認し、A班入りが決まったという。ファンの視線を集めることは必至で、辻監督は「注目されるのも非常にいいだろうし、今年に懸けるキャンプがどういうものか、若手選手にも参考になる」と期待した。

 新人ではドラフト1位の宮川哲投手らのA班入りが決まった。