島根県出雲市の運送会社「上田コールド」の立てこもり事件で、同社の女性社員(40)を人質として監禁した疑いで現行犯逮捕された男が、説得に当たっていた捜査員に「元従業員の男性に会わせてほしい」と要求していたことが15日、県警への取材で分かった。

 県警によると、男は千葉市緑区誉田町、無職中尾懐聖容疑者(23)。女性関係を巡り元従業員の男性に恨みを抱いているとの趣旨の話をしていたが、男性のフルネームを言わず面識もなかったことから、県警は中尾容疑者が一方的に恨みを募らせたとみている。