2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、五輪のチケット2次抽選販売で約90万枚を販売したと明らかにした。販売対象としたのは約140万枚。組織委によると、1次抽選よりは申し込みが分散したものの、依然メダルの懸かったセッション(時間帯)に人気が集中する傾向があり、売れ残った約50万枚は春以降の販売に回す。今後の販売予定枚数の規模については明らかにしなかった。

 約223万人が申し込み、1枚でも当選した人の数は約31万人。開閉会式や陸上、体操、水泳などは引き続き申し込みが多く、今回はラグビー7人制やホッケーも関心が高かったとしている。