国内外でハンセン病の支援活動に取り組んできた「笹川保健財団」(東京)などは14日、ハンセン病をテーマにした国内初の映画祭を都内で開くと発表した。映画上映のほか、元患者らのトークショーも予定している。

 会場は1月23日と2月21日がユーロライブ(渋谷区)、2月23、24日が国立ハンセン病資料館(東村山市)、3月29日が日本財団ビル(港区)。

 各会場では、ハンセン病療養所を50年ぶりに退院した祖父と、孫の交流を描いた「ふたたび swing me again」など邦画1作と、元患者と交流してきた大学生らへのインタビューをまとめたショートムービーを上映する。