野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、競技者表彰のエキスパート表彰として阪神、西武で活躍しダイエー(現ソフトバンク)で監督を務めた田淵幸一氏(73)が選ばれた。特別表彰では元慶大監督の故前田祐吉氏と元早大監督の故石井連蔵氏が選出された。

 田淵氏は法大で当時の東京六大学リーグ新記録となる通算22本塁打をマークし、1969年にドラフト1位で阪神へ入団。強打の捕手として活躍し、75年には43本塁打を放って王貞治氏が13年間守り続けた最多本塁打のタイトルを奪った。79年に西武へ移籍し、日本一に貢献した83年に正力松太郎賞を受賞した。