東日本大震災の津波で流され、行方不明になっていた宮城県気仙沼市のえびす像が気仙沼港の海底で見つかり、市によって14日、引き揚げられた。大漁と航海安全の神様「おえびすさん」として親しまれてきた像の帰還に、住民は「大変おめでたい」と喜んでいる。

 クレーンで引き揚げられたえびす像は、手に持つ釣りざおが折れていたが、ほぼ元の姿のまま。所有者である五十鈴神社の神山正志宮司(70)は「市民のシンボルでもあった。皆さんの希望につながる」と語った。

 1988年に建てられたえびす像は、全国でも珍しい高さ約150センチの立ち姿。