財務省が14日発表した2019年11月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比75・0%増の1兆4368億円だった。黒字は65カ月連続。米中貿易摩擦や中国経済の減速の影響で輸出は縮小したが、原油価格の低下を受けた輸入の落ち込みの方が大きかった。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は25億円の赤字。前年同月は5396億円の赤字で、大幅に赤字幅が縮小した。輸出は米国向けの自動車やタイ向けの鉄鋼が振るわず、10・2%減の6兆2442億円。輸入は16・6%減の6兆2466億円となった。