【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルス郊外フォンタナの警察は12日、女性乗客に対する強姦容疑で配車サービス「ウーバー」の運転手の男(32)を逮捕した。米紙ロサンゼルス・タイムズが13日、伝えた。米配車大手ウーバー・テクノロジーズは昨年12月、乗客や運転手に関する強姦や強姦未遂事案の報告が2018年に計500件以上あったと公表している。

 警察によると、乗客は友人と飲酒し、配車サービスを利用。車内で眠るなどして意識がなくなった後、被害に遭ったとしている。運転手は同意があったと主張している。ウーバーは運転手の乗務を禁じ、捜査に協力すると表明した。