日本サッカー協会の田嶋幸三会長は13日、東京五輪世代で争うU―23(23歳以下)アジア選手権で日本の1次リーグ敗退が決まったことを受け、森保一監督について「基本的には監督をサポートしていくことが前提にある」と続投が基本線との見解を示した。同選手権が行われているタイでの視察から帰国し、さいたま市内で取材に応じた。

 今月下旬に開催する技術委員会で五輪に向けた体制について議論するとみられる。会長は委員会の方針を尊重する意向ながら、現体制を支持しており「森保監督とも直接話をしたい」と語った。