将棋の第69期王将戦7番勝負の第1局は12、13の両日、静岡県掛川市で指され、先手の渡辺明王将(35)が103手で挑戦者の広瀬章人八段(32)を破り、先勝した。

 渡辺王将は4期目の獲得が懸かり、広瀬八段は初の王将奪取を目指す。

 第2局は25、26日に大阪府高槻市で行われる。