【北京共同】中国海軍は12日、1万トン級の新型駆逐艦「055型」の「南昌」の就役式を山東省青島の軍港で開いた。中国国営中央テレビが伝えた。南昌は昨年4月、海軍創設70周年を記念した国際観艦式で初公開されていた。

 中央テレビによると、055型は中国が開発した新型の駆逐艦で、ミサイル垂直発射装置を搭載している。南昌の周明輝艦長は「新型の設備を備え、高い防空迎撃と海上攻撃の能力を有している」と強調した。