名古屋市天白区の名城大の研究室で男性准教授(40)がはさみで刺され負傷した事件で、研究室の扉は当時施錠されていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。騒ぎを聞いた教員らが合鍵で開けたといい、愛知県警天白署は、殺人未遂容疑で逮捕された同区の理工学部3年野原康佑容疑者(22)が襲撃を妨害されないよう掛けた可能性もあるとみて調べている。

 県警は同日、野原容疑者を送検した。

 捜査関係者によると、野原容疑者が研究室に入った後、怒鳴り声が聞こえたため他の教員や学生らが駆け付けたが、施錠されていた。合鍵を使い中に入ると野原容疑者が准教授を襲っていたため制止した。