日本相撲協会は大相撲初場所初日の12日、静岡・飛龍高で昨年の高校横綱に輝いた大桑元揮(静岡県出身、伊勢ケ浜部屋)ら今場所の新弟子検査合格者10人を発表した。ウクライナ出身初の力士となり、興行ビザ取得後に本場所でデビュー予定のセルギイ・ソコロフスキー(入間川部屋)以外は3日目の14日から前相撲を取る。

 合格者は次の通り。

 笹崎巳来夢(18)▽大桑元揮(18)▽生田目竜也(17)▽酒井慶次朗(17)▽セルギイ・ソコロフスキー(22)▽橋本大海(18)▽篠原大河(18)▽ダニエル・ベレスガルシア(18)▽川平雷己(18)▽竹岡勇人(18)