立憲民主党の枝野幸男代表は12日のNHK番組で、国民民主党との合流を見送る可能性に言及した。「どういうやり方が一番、有権者の期待に応えられるか。会派や選挙連携を深めることを含め、さまざまな選択肢の中で判断する」と述べた。10日に行った国民の玉木雄一郎代表との会談で合意できなかった経緯を踏まえた発言とみられる。

 枝野氏は「両党の幹事長間では、一つの党になる選択肢が良いとの共通認識に至った」と強調した。

 玉木氏は同じ番組で「皆の納得が得られない中で合流を強行してはならない」と指摘した。玉木氏の出演分は10日に収録された。