千葉中央署は12日、千葉市の路上で、面識のない女性の頭をコンクリートのブロックで数回殴ったとして、殺人未遂の疑いで、自称千葉県市原市の解体作業員川島光太容疑者(36)を逮捕した。女性の命に別条はない。

 署によると、川島容疑者は「いらいらしていた」と殴ったことを認めているが、殺意は否認している。女性は帰宅途中で、直前に別れた知人が事件に気が付き、110番。県警が市内で川島容疑者を発見して確保した。

 逮捕容疑は、12日午前0時40分ごろ、千葉市中央区新宿1丁目の路上で、同区の女性会社員(25)の頭をコンクリのブロックで数回殴った疑い。