【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は11日、モスクワでドイツのメルケル首相と会談し、ロシア産ガスをバルト海経由でドイツへ運ぶ海底パイプライン「ノルドストリーム2」を完成させることを確認した。米政府はロシアのガス輸出拡大を阻止する狙いで、ノルドストリーム2に関する制裁発動を決定している。

 会談後の共同記者会見でプーチン氏は「ロシアは自力でパイプラインを完成させる」と強調。米制裁の影響で完成が数カ月遅れ、稼働は「今年末か来年の第1四半期にずれ込む」との見通しを示した。当初は2020年半ばの稼働が見込まれていた。