バドミントンのマレーシア・マスターズは11日、クアラルンプールで各種目の準決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)がリー・ジージャ(マレーシア)に2―0で快勝し、決勝に進んだ。

 女子ダブルスの志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)は杜ゲツ、李茵暉組(中国)に1―2で敗れた。(共同)