【リヤド共同】サウジアラビアのファイサル外相は11日、首都リヤドで共同通信と単独会見し、海上自衛隊の中東派遣について「国際社会での責任を果たす上で重要な決定だ。完全に歓迎する」と強調した。海自哨戒機は同日、中東に向け出発した。

 中東を歴訪する安倍晋三首相は12日、サウジでサルマン国王と会談予定。日本は対立関係にあるイランとサウジの双方と友好な関係にあり、首相は情勢安定化を働き掛ける見通し。ファイサル氏は「日本は強い国であり、地域での緊張緩和を目指す動きを支持する」と話した。