小倉百人一首競技かるたの日本一を決める第66期名人位と第64期クイーン位の決定戦が11日、大津市の近江神宮で開かれた。兵庫県尼崎市の会社員本多恭子さん(28)が、新クイーンとなった。名人戦は、京都市の塾経営粂原圭太郎さん(28)が初めて防衛した。

 どちらのタイトルも2勝2敗となり、決着は最終の第5戦までもつれ込んだ。クイーン戦は、東京都の自由業山下恵令さん(34)が2連続防衛を果たせず。京都市の会社員岸田諭さん(32)は、5期ぶりの名人位返り咲きを目指したが及ばなかった。

 近江神宮は百人一首の第1首を詠んだ天智天皇を祭っており、かるたの聖地とされる。