【北京共同】北朝鮮メディアによると、金正恩朝鮮労働党委員長の指導により軍が中部平安南道陽徳郡に建設した温泉リゾートが10日開業し、平壌駅から最寄りの温井駅を結ぶ列車の運行も始まった。

 朝鮮中央テレビは10日、同リゾートに向かう家族連れでにぎわう平壌駅の様子を伝えた。温泉のほか、スキー場や乗馬場もあり、将来的には外貨稼ぎのため外国人観光客にも開放する見通しだ。

 同テレビはまた、金氏の昨年1年間の活動を振り返る記録映画を放映。同リゾート建設など国民生活向上への取り組みをたたえる一方、ハノイ、板門店での2回の米朝首脳会談で金氏が一切譲歩しなかったと強調した。