西日本鉄道は11日までに、仕事帰りのサラリーマンらが確実に座れるようにした平日夜の有料座席電車を、2021年にも行う次のダイヤ改正で、福岡県内の天神大牟田線に導入することを明らかにした。福岡市中心部の西鉄福岡を午後8~10時台に出発して終点の大牟田へ向かう電車を1時間当たり1本程度走らせ、追加料金は1人300円均一を軸に検討する。

 有料座席電車は都市圏で広がり、近年は京王電鉄が「京王ライナー」、京阪電気鉄道が「ライナー」の運行を開始。西鉄も「座って快適に帰宅できる電車の運行で沿線価値を高め、住民を呼び込みたい」(幹部)との考えだ。