【ロンドン共同】英領北アイルランドの二大政党、プロテスタント系の民主統一党(DUP)とカトリック系のシン・フェイン党は10日、双方の対立で3年の不在状態が続いている北アイルランド自治政府を復活させることで合意した。

 英国の欧州連合(EU)離脱問題では、宗派対立を抱える北アイルランドの扱いを巡り英EUの交渉が難航した。北アイルランドの安定は、英国が今月末に離脱を果たした後の対EU関係に影響を与える。ジョンソン英首相はツイッターで「大きなステップだ」と歓迎した。

 DUPとシン・フェイン党は昨年5月から、自治政府復活に向けた協議を続けていた。