茨城県常陸太田市の「竜神大吊橋」で11日、新成人が日本一の高さとされる約100メートルのバンジージャンプに挑戦した。市などによると、南太平洋の島国バヌアツの成人儀式がバンジージャンプの原点とされており、2014年から毎年企画している。

 今年に同市で成人式を迎えるのは約500人で、式の実行委員ら男女計10人が名乗りを上げた。1番目に飛んだ男性は、うけを狙ったのか女性用の着物姿でチャレンジし「親孝行するぞ」と抱負を叫びながら舞った。