日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業「500ドットコム」側が逮捕容疑以外に、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=に現金300万円を提供したと供述していることが10日、関係者への取材で分かった。

 秋元容疑者はこの他にも、「500」社の本社(広東省深セン市)を訪問時に旅費を負担してもらった疑いがあり、関係会社が講演料として200万円を受け取っていたことも既に判明。東京地検特捜部は、こうした一連の資金提供などに賄賂が含まれるとの見方を強め、勾留期限の14日にも収賄容疑で再逮捕する方針を固めた。