【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は10日に開いた総会で、2024年冬季ユース五輪の開催地を韓国北東部の江原道に正式決定した。18年平昌冬季五輪の会場を活用する計画で、国際情勢を見極めながら北朝鮮側の参画も模索する。

 IOCのバッハ会長は「情勢が許せば北朝鮮のNOC(国内オリンピック委員会)を組織の一員として受け入れる準備はできている」と述べた。韓国の朴良雨文化体育観光相は「南北共催のアイデアに同意する」と前向きな姿勢を示した。