【ウィーン共同】オーストリアで7日に発足したクルツ連立内閣のアルマ・ザディッチ法相(35)に対する大量の脅迫的書き込みで、会員制交流サイト(SNS)が「炎上」した。イスラム教徒の難民家族出身で所属はリベラルな緑の党。辞任要求のほか殺害予告もあり、地元メディアは政府が厳重な警護態勢を敷いたと報じている。

 ザディッチ氏は旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ北部ツズラ生まれ。内戦のさなか、10歳だった1994年にオーストリアに難民として逃れてきた。ウィーン大学で法学を学び米国に留学、国連機関での経験もある女性法律家だ。