フィギュアスケート女子で世界選手権(3月18~21日・モントリオール)代表の樋口新葉(明大)が10日、東京都内のイベントに出席し、新年のテーマに「決」を掲げ「今シーズン中に1回は(大技の)トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたい」と抱負を語った。

 2018年に銀メダルを獲得した世界選手権に向け、まずは四大陸選手権(2月6~9日・ソウル)に臨む。全日本選手権で2位に入った19歳の実力者は「失敗するとしても四大陸で構成に入れることが目標」とした上で「練習から絶対に着氷させるんだという気持ちでやっていきたい」と力を込めた。