愛知県弁護士会は10日、依頼者から預かった7千万円を着服したとして、所属する柳田潤一弁護士(56)を除名処分にしたと発表した。最も重い懲戒処分で、弁護士資格を3年間失う。

 弁護士会によると、柳田氏は2011年10月、愛知県内の女性から預貯金の保全を依頼され、現金7千万円を自身名義の預金口座に預け、12年3月までに全額を無断で引き出し、着服したとしている。

 女性は17年10月、柳田氏に損害賠償を求め提訴。柳田氏が請求を認諾、訴訟は終了した。これまで計1280万円が返還されたが、遅延損害金を含め7千万円以上は未返還になっている。