福井県の東尋坊近くの海で滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(20)の遺体が見つかった事件で、大津家裁は10日までに、嶋田さんを自動車のトランクに監禁し、東尋坊の崖から飛び降りさせたとして、監禁や殺人などの疑いで家裁送致された17~19歳の少年6人を検察官送致(逆送)とする決定をした。

 とび職の少年(19)の決定理由で、船戸宏之裁判官は「無抵抗の嶋田さんに集団で多数回殴るなどし、足を車でひき、火の付いたたばこを鼻や口に入れるなど、執拗で激しい暴行を加えた」と指摘。「飛び降りることを余儀なくされた苦痛や無念は大きく、結果は重大」として、刑事処分が相当とした。