全日空グループは10日、長崎県五島市で飛行する小型無人機ドローンを、約1050キロ離れた羽田空港から遠隔で制御する実証実験を公開した。物資の輸送手段が限られる離島でのドローン実用化を目指す実験の一環。

 これまでの実験では飛行する地域の周辺で機体を監視していた。今回は離島の人手不足を考慮し、羽田のような拠点で一括して飛行をコントロールする技術を確認する狙い。

 10日は羽田にいる担当者がパソコン画面で動作確認しながら、食料品を積んだドローンを五島市の中心部がある福江島から約10キロ離れた島に向けて運んだ。