10日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比22銭円安ドル高の1ドル=109円56~58銭。ユーロは15銭円安ユーロ高の1ユーロ=121円68~72銭。

 米国とイランの全面衝突が回避されたことや米中貿易協議の進展期待から、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。午後は、3連休や米雇用統計の発表を前に取引が控えられた。外為ブローカーは「様子見ムードから膠着した値動きとなった」と話した。