世界戦での計量失敗によるボクサーライセンス無期限停止処分が昨秋に解除された元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が10日、東京都内の所属ジムで練習を公開し「当初はボクシングをやめるつもりだった。ファンや支えてくれた方のためにまた頑張ろうと思えた」と語った。2月13日にフィリピン選手との8回戦(東京・後楽園ホール)に臨む。

 この日は2ラウンドの軽めのスパーリングをこなした。2018年4月以来の試合となる比嘉は「こんなに期間が空いたことはない。まずはこの試合に集中する」と強調した。