10日午後4時5分ごろ、名古屋市天白区塩釜口の名城大天白キャンパス研究実験棟1階の研究室で、男が男性准教授(40)の首などをはさみで刺した。天白署によると、准教授は病院に運ばれたが、命に別条はない。天白署は、殺人未遂容疑で住所不詳、自称・名城大理工学部の野原康佑容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 野原容疑者は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めている。捜査関係者によると、野原容疑者は「リポートの提出期限を守れなかったことを謝罪に行ったが、トラブルになり刺した」と供述しており、同署が経緯を調べている。