西武の山川が10日、那覇市役所を訪問し、火災で正殿などが焼失した首里城の再建に向けた支援金を城間幹子市長に贈呈した。自らの500万円と、ファンからの募金で集まった60万5176円の目録を手渡した。

 同市出身の山川にとって、首里城は「友達とあの周りで遊んでいた」という思い出深い場所。火災をニュースで知り「言葉が出なかった」と言い「首里は本当に地元。少しでも力になれば」と話した。