昨年7月に大津市で行われたボートレースを巡り、故意に順位を操作した見返りに現金を渡したとして名古屋地検特捜部に逮捕された会社員増川遵容疑者(53)=津市=がレース当日、約600万円の利益を得て親族の元ボートレーサー西川昌希容疑者(29)=東京都練馬区=と折半していたことが10日、分かった。

 関係者によると、増川容疑者は舟券をインターネットで購入、配当金を受け取る専用の口座を設けていた。口座には多額の出入金記録があり、昨年秋ごろには数億円の預金があった。

 西川容疑者が競馬にのめり込んで金に困り、増川容疑者に不正を持ち掛けたとみられる。