相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判第2回公判が10日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。植松被告は両手に手袋を着けて出廷した。

 植松被告は8日の初公判中、右手の小指をかみ切ろうとしたとして退廷させられ、同日のその後の公判は不在のまま実施された。

 10日の公判では検察側が被害者一人一人の傷の状況や死因を裁判員らに説明。ほかに、事件現場や包丁などの遺留品の写真を示し、「廊下には血痕が点在していた」と話した。