【ローザンヌ(スイス)共同】世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシア選手団を東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外する処分を不服としてロシア反ドーピング機関(RUSADA)から異議申し立てがあったことを受け、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に裁定を求めたと発表した。

 WADAのテーラー・コンプライアンス(法令順守)審査委員長は勝訴に自信を示し、CASの最終判断が3月か4月にも出ることを期待している。