【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズは9日、イランの首都テヘランの空港近くで墜落したウクライナ旅客機にイランのミサイルが命中する瞬間を捉えたとする動画をウェブサイトで公開した。同紙は信ぴょう性を確認したとしているが、根拠は不明。

 地上から撮影されたとみられる動画は約20秒間で、ミサイルが命中したとみられる瞬間には、夜空に閃光が確認できる。同紙によると、ミサイル命中後も旅客機は数分間にわたり飛行を続け、テヘランの空港に引き返そうとしたという。