【ローザンヌ(スイス)共同】東日本大震災で被害を受けた岩手、宮城、福島の中高生6人が9日、スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部でバッハ会長と面会し、スポーツを通じた復興について意見交換した。同会長は東京電力福島第1原発事故に伴う農作物の風評被害を懸念し、払拭に向けた協力を約束した。

 「復興アンバサダー(大使)」と名付けられた訪問団は復興支援ソング「花は咲く」を合唱で披露した。作詞した映画監督、岩井俊二氏が伯父という相沢伊吹君(17)は、福島市で野球・ソフトボールを実施する東京五輪でも「歌わせてもらえれば大変うれしい」と訴えた。