【ソウル共同】韓国統一省報道官は1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が党中央委員会総会で「新たな戦略兵器」の登場を予告したことについて、「北朝鮮が行動に移した場合、非核化協議などに助けにならない」と自制を求める論評を発表した。「米国との対話中断を宣言しなかったことは評価する」とした。

 北朝鮮は米韓合同軍事演習などに反発しているが、論評では「米韓は(北朝鮮との)対話が進んでいる間、事実上、大規模合同訓練の実施を自制してきた」と主張した。「米朝間の対話が早期に行われ、実質的な進展につながることを期待する」とも表明。南北関係進展に向けた努力も続けるとした。